海外で初めてカジノをする方へ

【簡単】未経験からカジノで大小(シックボー)をプレイするまでの手順

カジノ未経験者「初めてのカジノで気軽に遊べるゲームを知りたい!ポーカーのように複雑なルールを覚えなくてもできるやつがいいなあ」   このような方には、シンプルだけどベットの仕方によってあらゆる楽しみ方がある大小(シックボー)をおすすめします!サイコロを使うので親しみやすいゲームです。   結論: ・初めてのカジノなら気軽に遊べる大小がおすすめ ・ベット方法を複数覚えておこう   この記事を書いている私は、かれこれ20か国訪れたことがあり、カジノがあればちょこっと寄って軽く遊びます。気軽に遊べる大小にはいつもお世話になっています。   大小はアジアで絶大な人気を誇っており、古代中国が発祥のゲームと言われています。   この後ご紹介しますが、大小のベットエリアは実は細かいです。しかし、覚えれば非常に簡単ですので初心者向きのゲームと言えます。この記事ではスムーズに始められるよう詳しく解説します。   【手順①】大小(シックボー)のルールをおさらいしよう ブラックジャックの基礎知識 3つのサイコロの出目を予測するシンプルなゲーム 最大150倍の配当金 攻略法も多数あり   大小のルール 大小は1~6が書かれているサイコロを3つ使います。サイコロの出目や合計数を予想してベットするシンプルなゲームです。カジノにある大小は機械式でディーラーがいないことが多いため、気負いすることなく手軽に遊べます!   大小の賭け方種類 数字もしくはサイコロの目がベット表に記載されているので、どれがどの賭け方か理解できればOKです!   大小:3つのサイコロの合計が大か小かを予想します。小(4~10)大(11~17)です。しかし、その中にあるゾロ目が出たら強制的に負けになるので注意です。(配当1:1)   奇数・偶数:3つのサイコロの合計が偶数か奇数かを予想します。(配当1:1)   シグナルナンバー:サイコロの1~6の目のうちどれが出るか予想します。3つのサイコロのうち1つでも出れば配当を得られます。(配当1:1)   ペア:2つのサイコロの出目の組み合わせを予想します。ゾロ目は除きます。全部で15通りあります。(配当1:5)   トータル:3つのサイコロの合計数が4~17のうちのどれになるか予想します。例えば合計10でサイコロが(2.2.6)(1.3.6)どちらでもOKです。(配当:合計数による)確率表で紹介します   ダブル:3つのサイコロのうち、2つのサイコロの目がゾロ目になることを予想します。 (配当1:8)   トリプル:3つのサイコロの目がゾロ目になることを6通りの中から予想します。(配当1:150) 大小の中で一番高い配当になります。   エニートリプル:6通りのトリプルゾロ目のうちどれかに当たれば配当金が貰えます。(配当1:24)   指定ナンバー:「6.5.4.3」「6.5.3.2」「5.4.3.2」「4.3.2.1」の4組の中から予想します。 当たる条件:「6.5.4.3」に賭けた場合、3つのサイコロのうち4つの数字の中から3種類ヒットすれば配当金が得られます。(6.5.5)のように2種類の場合は負けです。(配当金1:7)   ダブル+シングル:3つのサイコロのうち「ゾロ目+数字」の組み合わせを予想します。(配当金1:50)   トリプルシングル:3つのサイコロで全てバラバラの数字の出目の組み合わせです。(配当金1:30)     大小の確率:必ず確認しましょう サイコロ3つを使うので確率の計算がしやすいです。数学の教科書にもサイコロの問題はよく出ますよね。それぞれの賭け方の確率を一覧表にしました。  …

海外で初めてカジノをする方へ

【超簡単】未経験からカジノでルーレットをプレイするまでの手順

カジノ未経験者「カジノは何から始めたら良いんだろう、、、初めてカジノだしわかりやすいものからはじめたいなあ、、」   このような方には、カジノで簡単にすぐ遊べるルーレットをおすすめします。   結論: ・初めてのカジノならルーレットは鉄板 ・多くの攻略法から2つくらい覚えておこう   この記事を書いている私は、かれこれ20か国訪れたことがあり、カジノがあればちょこっと寄って軽く遊びます。ルーレットは手軽にできるため毎回必ず遊びます!   ディーラーがいるルーレットもあれば、テレビ画面でプレイするものもカジノにあります。最近はディーラーのルーレットは少なくなっているようです。   いろんなサイトでルーレットの攻略法や必勝法が載っていますが、何十通りもあるため全て覚えることは難しいです。カジノ初心者でも楽しめる攻略法も厳選してお伝えします。   全くの未経験でも、席について遊ぶことは可能です。ルーレットにはカジノ初心者の方も多くプレイされているので難しいことはありません。実際に遊ぶまでの手順を解説していきます。   【手順①】ルーレットのルールをおさらいしよう ルーレットの基礎知識 ディーラーが入れるボールがどの数字に入るか予測する ベットの仕方が豊富で配当倍率も違う 攻略法が多く存在するほど愛されているゲーム   ルーレットの種類 ルーレットは主に2つの種類があります。ホイールには1~36の数字があります。 ヨーロピアンルーレット:0を加えた0,1~36の37個の数字 アメリカンルーレット:00と0を加えた00,0,1~36の38個の数字 でプレイします。 カジノによって置かれているルーレットは違うので遊ぶ前に確認しましょう。もし両方が置かれている場合、ヨーロピアンルーレットを選びましょう。1つ数が少ないだけで当たる確率が1%ほど変わってきます。カジノにおいて1%でも当たる確率が高い方がいいですね。   ルーレットの手順 ルーレットの遊び方は至ってシンプルです。 ホイールにある数字の中でどこにボールが落ちるか予測してベットするだけです。 ベットタイムになったら好きなようにベットします。ディーラーがボールを扱ってからは一切賭けることができませんので注意です。   ルーレットの代表的な賭け方 ストレートアップ:数字1点賭け(配当:36倍) スプリットベット:隣接した数字の間にチップを置く賭け方(配当:18倍) ストリートベット:3つの数字が1列になった数字の列に賭ける(配当:12倍) コーナーベット:4つの数字の真ん中に置く賭け方(配当:9倍) ダズンベット:1~12,13~24,25~36のグループ3つのうち1つに賭ける方法(配当3倍) カラムベット:1,4,7…34、2,5,8…35、3,6,9…36と並んだ横列のグループのうち1つに賭ける方法(配当3倍) 赤黒ベット:数字が赤黒と交互になっておりどちらに当たるか賭ける方法(配当:2倍) ハイ&ローベット:1~18,19~36のグループのうち1つに賭ける方法(配当:2倍) 奇数偶数ベット:数字の奇数か偶数どちらに当たるか賭ける方法(配当:2倍) (*0,00に賭けることもできます)   基本的なベット方法になります。 このベット法を組み合わせていくつかの攻略法が生まれています。   ルーレットでおすすめの3つの攻略法 攻略法と言えど100%勝てるわけではないので、使うなら自己責任でお願いします。    マーチンゲール法 マーチンゲール法は負けた後、その負け金の倍額をベットする攻略法です。この攻略法は赤黒ベットを用いて行います。例えば、$1スタートで黒に賭け続ける条件で進めます。 $1のベットで負け→次は$2をベット(勝てば+$1、負ければトータル-$3)…

海外で初めてカジノをする方へ

【簡単】未経験からカジノでブラックジャックをプレイするまでの手順

カジノ未経験者「初めてのカジノで負けるのはちょっとやだな、、少額でもいいからプラスの収支で終わらせたい」 このような方には、カジノで負けにくいと言われるブラックジャックをおすすめします。 結論: ・初めてのカジノならブラックジャックで慣れるべし ・日本で最低限のルールやマナーを覚えておこう この記事を書いている私は、かれこれ20か国訪れたことがあり、カジノがあればちょこっと寄って軽く遊びます。一番好きなのはポーカーですが、カジノでディーラーがいるゲームで初めて経験したのがブラックジャックでした。 かれこれ300時間くらいは遊んだかなと思います。 いろんなサイトでもブラックジャックは「勝ちやすい」と言われていますが、私の感覚からするとどちらかと言えば「負けにくい」という表現の方があっているような気がします。   全くの未経験でも、席について遊ぶことは可能です。カジノは格式高いイメージがありますが、初心者にも優しいカジノはあるので、実際に遊ぶまでの手順を解説していきます。 【手順①】ブラックジャックのルールをおさらいしよう ブラックジャックの基礎知識 ① ディーラーvsプレイヤーのスタイル ② 手札の合計値を21に近づけるよう目指す(21ちょうどが一番強い) ③ 手札の合計値が21を超えたら(22以上になったら)無条件で負け カードの数え方 A=1or11(状況によって数が変わる) 2~10はそのままの数 J,Q,Kの絵札は10としてカウントされる ブラックジャックでは、手札を最初に2枚配られます。勘が良い人は気づきましたかね。 手札にAと10~Kのうち一枚の2枚がくればちょうど21で最強の手札になるというわけです。(Aは11になる。J,Q,Kは10としてカウントするため合計21の数値になる) ブラックジャックの基礎用語集 この後の説明で使いますので、軽く流し読みしてわからなくなったら振り返る程度でまずはOKです。 バースト:プレイヤーもしくはディーラーの手札が22以上になってしまうこと。バーストになった時点で負けが確定です。 ヒット:手札に1枚カードを追加すること(何回でもできます) スタンド:手札にカードを追加することなくストップすること ダブルダウン:賭けた金額を倍にしてカードを1枚追加すること(1枚目を追加する時にしか使えず、さらにカードを追加することもできなくなります) サレンダー:配られた手札の時点で負けを認めゲームから降りることで賭け金の半額を戻すこと まずはこの辺を覚えておけば最低限OKです。 次に書くものは特殊な場面で使いますので、慣れてきてから覚えてもらえれば大丈夫です。 スプリット:手札が同じカードだった場合、同額ベットすれば2つの手札(ハンド)に分けることができます。つまり(10,10)と配られた場合、(10,?)(10,?)と分けることができます。 インシュランス:これは奥深いルールなので、別の記事で用意します。 ブラックジャックの基本的な考え方 プレイヤーとディーラーにそれぞれ2枚ずつ手札が配られます。 一枚ずつ順番にです。 プレイヤーに配られた2枚は表向き ディーラーに配られた1枚目は表向き、2枚目は裏向きになります。 勝つ条件 ① 21を超えずにディーラーより21に近い数字のハンドを完成させた時 ② ディーラーが22以上でバーストした時(プレイヤーは21以下であること) 負ける条件 ① ハンドが22以上でバーストした時 ディーラーも一緒にバーストしても引き分けにならず、プレイヤー側の負けになります ② 21にした手札の枚数が3枚以上かつディーラーが21にした手札が2枚だった時 21ちょうどにしても負ける可能性があります。 プレイヤー(10,6,5)=21の3枚で完成 ディーラー(A,K)=21の2枚で完成の場合、ディーラーの勝ちになります 引き分けの条件…

フリーランスで生きていく

ブログを書き始めてから気づいたこと

ブログを開始した4/3からかれこれ3週間が経ちました。最初は毎日継続して書こうと意気込んでいましたが、書かない日もあれば1日数記事を書く日もありました。   コロナの影響でブログを書き始めた人も多いと思います。私もそのうちの1人です。ブログを始める前にTwitterで見ましたがちょっとしたブームのように感じました。   質より、量を優先した理由やこれまでに感じたこと、やってよかったことなど、お役に立てばいいなと思い、振り返りも兼ねて記事にまとめます。   質より量を優先した理由 これは習慣化させるためにとにかく量を書こうと決意しました。まずは毎日パソコンに向き合って、ワードプレスを開いて、記事を書く。このルーティンが当たり前になるためには書き続けること。これが何よりもの特効薬だと思います。     ブログを書き続ける習慣の本質は、「常にブログのことを考え続けられるような思考になること」だと思っています。   記事を書かなくても、 ☑️ユーザーが読みやすい記事とは何か 世の中に価値のある記事を出せているか ペルソナは本当にあっているのか   など常に頭の中でPDCAサイクルを回し続け、次の日には頭の中を整理するかのようにスラスラと指が動きました。   インプット2割、アウトプット8割が原則   元々行動派の人間なので、考えることよりまず手を動かすことが自然とできたため、圧倒的なアウトプットができたのかなって感じています。   アウトプットすることによって仮説が生まれる その仮説が合っているか検証する=インプット 検証をもとに新たにアウトプットする また検証=インプット   もちろん質が高くなければ読まれることはありません。 しかし、そもそも読まれるための流入経路を広げるための記事量が必要です。   最近ではSNSからの流入が重要視されつつあり、発信力がブログの基盤になるとも言われています。私はある程度実績を作ってからSNSに勝負をしかけようと思っています。   この前、Twitterで#ブログ初心者でツイートしましたが、すぐにいいね!がついて、みんな初心者ブロガーに興味があるんだなあって感心しました。   正直私にはこの中で勝負できる自信がありませんでした。コロナの影響でブログを始めた大多数の1人になると、そのフィールド内から、どう独自性を出していくか、差別化していくか、戦略を考えなければなりません。   だったら、そもそも違うフィールドから、SNSで発信する方法はないのか模索しています。 「海外×フリーランス×カジノ」っていうテーマ自体独自性はある方ですが、ここにブロガー初心者というレッテルはつけちゃダメだなと感じました。   もちろん、初心者であることは悪いことではないです。教えてくれる師匠的な存在や仲間が集まります。   環境×行動×思考=結果   私はこの方程式は正しいんじゃないかなって思います。       初心者はいつか初心者と名乗ることをやめなければいけない     いつまで経っても初心者のままでは、ユーザーは逆に心配してしまいます。え、成長してなくね?って。   だったら最初から初心者を名乗らず、戦ってみてもいいかなって。それでダメだったら、初心者と名乗り直してPDCAすればいいかなと。  …

ポーカー特集

【海外初心者向け】初めての海外のカジノで ポーカーをするための説明書

当サイトでは、 初めて海外でポーカーをプレイするための解説をしています。   日本では賭博が禁止されておりカジノはもちろんのことポーカールームも存在しません。リアルマネーを使わず遊ぶアミューズメントポーカー施設でのみプレイ可能です。 せっかくポーカーをやるなら、海外でリアルマネーを使って遊びたい!   そう思っている方に向けて記事を執筆しています。 アミューズメントポーカーで遊ぶのももちろん大賛成です。 しかし、リアルマネーを使うからこその高揚感や緊張感を味わうことができるのも海外ポーカーの醍醐味です!また、現地の方や観光客と異文化交流をしながら遊ぶポーカーも非日常的な思い出になりますし、リアルな雰囲気を味わえるもの格別です。   筆者はこれまで20ヶ国ほど渡航経験があり、さまざまな国で生活してきました。   初めての海外は慣れない土地の上言葉も通じず、てんやわんやしてしまいます。私自身も初めて海外(フランス)では慌ててた記憶がいまだに鮮明に残っています(笑) それもまた良い思い出ですが、盗難やトラブルに巻き込まれてしまったら、笑い事になりません。   初めての海外でもスムーズに観光を楽しみつつ、ポーカーをプレイするために記事をまとめました。 上から順番に見ていくことをおすすめします!必要に応じて読み飛ばしても問題ありません。   読み終わる頃にはきっと完璧な状態で渡航準備が完了しているでしょう! 海外に行くための必要なこと|準備編 1. パスポートや保険の準備 まずはそもそも海外に行くための準備をしなくてはなりません。 日本国民であることを証明するためにパスポートを発行しましょう。すでにパスポートを発行している方も有効期限が過ぎてないかチェックします。他にも保険など必要なことをお伝えしていきます。 パスポート申請に必要な書類一覧 住民票の写し・・・1通 戸籍謄本(または戸籍抄本)・・・1通 写真(縦45mm×横35mmかつ6ヶ月以内に撮影)・・・1枚 一般旅券発給申請書・・・1通(窓口にあり) 本人確認書類(運転免許証など) 上記の書類を集めることからスタートします。それぞれどのように集めるか下の記事で詳しく解説します。 私がおすすめする海外旅行保険3つの条件 ・インターネットで申し込み可能・出発当日契約可能・24時間サポート体制つき 下の記事で具体的に解説しています。 2. Wi-Fi等のネット環境に関して もちろん海外では日本のネット環境は使用することができません。 携帯会社によっては、申し込めば海外でも使用できるプランはありますが中長期滞在になると割高になる恐れがあります。空港に行くと海外で使えるWi-Fiのレンタルもありますが、現地でシムを購入する方法もあります。比較しながらどちらが良いか検証しました! 結論:初めての海外ならレンタルWi-Fiを活用しましょう   3. クレジットカードは必要? 日本で発行したクレジットカードも海外でもほとんど使えます。 発行したブランドがVISA/Master/AMEX/JCBによって使える店が異なりますので、最も流通しているVISAかMasterを最低1枚持つようにしましょう。 たまたま現金がなかったり、日本円が足りなくなって、海外キャッシングをしたい時役に立ちます。 また、クレジットカードには海外保険が付帯しているものが多く、何あったときの保険になるので、ぜひ所有しましょう! 結論:エポスカードかREX CARD   4. あったら役立つ便利グッズ一覧 海外では日本と文化が異なるため不便に感じることもあります。 例えば、トイレにトイレットペーパーがなかったり、食生活が異なるためビタミン不足に陥ったり、盗難防止のためのグッズだったり、海外で役に立つ便利グッズをまとめました。 どこの国に行く?|リサーチ編 5….

海外での過ごし方

安心して海外旅行するために加入しておくべき海外旅行保険3社を比較

安心して海外旅行するために海外旅行保険を検討している方向けです。 海外旅行保険といえば様々な保険会社がサービスとして提供しているものの、海外旅行保険で検索すると数多くの商品が出てきます。 そんな中でも海外旅行が初めてで不安な方に向けて、これに加入しておけば大丈夫!という海外旅行保険を3つご紹介します。クレジットカードにも無料の補償がついていますが、足りない部分もあります。24時間サポートやコンシェルジュ付きなど様々なサービスがあるので必見です。 クレジットカードで十分って方へ 年会費無料で補償が使えるカードをこちらの記事で紹介しています。   クレジットカードだけでは補償内容が足りない大きな2つの理由 海外旅行保険は補償内容が豊富 例をあげると ・パスポートやクレジットカードの再発行援助 ・24時間、日本語での医療相談 ・トラブルの際の弁護士相談 など 基本的に何かトラブルがあった時にサポートしてくれる体制が整っています。少しお金を払うだけで安心が買えるなら良いですね。 補償金の上限がかなり高い、医療費の建て替えが必要ない 海外旅行保険では上限が数億円で設定されていることが多いです。また医療費は現地で払う必要がありますが、保険に加入していれば保険会社が支払ってくれるのでキャッシュレスで診察が受けられるのは大きな利点です。 他にもクレジットカードと比較した記事を書いています 私がおすすめする海外旅行保険3つ 紹介している保険の共通項です。 ・インターネットで申し込み可能 ・出発当日契約可能 ・24時間サポート体制つき ソニー損保 https://brg.sonysonpo.co.jp/travel/1b5501 14の項目から好きなものを補償内容として選択することができます。これは自分の旅には必要ないなあってものは外すことができるので必要なものだけ加入できることがメリットになります。   たびとも(H.I.S) https://www.hs-sonpo.co.jp/travel/?aid=S0056 補償内容が充実しているのはもちろんのこと、レストランやエステで使えるクーポンやレンタルWi-Fiの割引サービスを行なっています。旅行企画会社ならではですね! tabiho (ジェイアイ傷害火災保険) https://tabiho.jp/tb/?BranchCode インターネットから申し込みで最大72%オフの割引をしています。専用アプリがあり、ワンタッチで緊急の相談ができるのは便利で安心です。   クレジットカードとの併用が一番良い クレジットカードの補償と保険会社の補償は併用することが可能です!カードの中には年会費無料で海外旅行保険が付いているものもあるので、できるだけ出費を抑えたいという方はカードの付帯を利用しましょう。しかし、カードでも足りない部分はもちろんあります。この補償がついていれば良いな〜って項目を保険会社のサービスを利用すれば最低限の金額で安心の補償にカスタマイズできること間違いなしです!

海外での過ごし方

【実際に使ってみた】海外旅行で超便利なジップロックの使い方7選

ジップロックは海外旅行でとても役に立ちます。機内持ち込みの液体物の保管だけではなく、お財布の代わりや小物収納など様々な場面で便利に使えますので、使い方を紹介していきます! ジップロックは袋型のフリーザパックを推奨! 袋型のフリーザパックタイプはこちらです。 よく見た事あるジップロックだと思います。中には薄手のものや箱形のものもありますが、フリーザパックタイプであれば厚手で破れにくいのでお間違えないように! 公式でも海外旅行での使い道を推奨している 参照:ジップロックAmazonページ Amazonの公式ページに海外旅行でジックロックを使うことを推奨しています。確認したい方はこちらからどうぞ▶︎https://amzn.to/2xFOdSB 荷物入れとしての使い方 ジッパーが付いているため荷物の保管としてすごく便利に使えます。特に海外旅行では荷物が多くなるのでジップロックで分けて管理すると片付けがしやすいです。 機内持ち込みの液体物管理 国際線の場合、機内持ち込みの液体物には制限がかけられています。フライトが短ければ良いですが、行先によっては10時間飛行機に乗り続けることもあるので、肌の手入れやメイクを落としたい場合機内に化粧品類を持っていくのが必須になります。 液体物は、100mlまたは100g以下の容器に入れ、再封可能な要領1L以内の透明なジッパー付きのプラスチック袋に余裕を持って入れる必要があります。 *液体物は歯磨き粉などジェル状になっているものも含みます *プラスチック袋は縦横合計40cm以内(マチ部分除く)のものです ジップロックであればMサイズでちょうど良いです! 飛行機内では気圧の変化により液体漏れがしやすい状態になっています。最悪こぼれたとしてもジップ付きであるため、服や荷物に濡れるリスクが少なくなりますね。 変圧器などの電子機器を保管 電子機器は水に濡れると壊れてしまう恐れがあります。電子機器はひとつにまとめて水に濡れないように保管するのがベストです。また、手荷物検査の赤外線チェックの時にモバイルバッテリーやカメラのバッテリーなどの電子機器をバックから出す場合もあります。その時にジップロックに入ってみれば透明な袋なため一目見て分かりますし、管理もしやすいです。 洋服の圧縮も可能 長旅であればあるほど持っていく洋服の数が増えます。荷物の中でもかさばる部類ですので少しでも圧縮させたいものです。圧縮袋を買っても良いのですが、ジップロックでも代用できますので、ジップロックが余ってる方や他にも使い道があってたくさん買った方にこの使い方もおすすめしてます! Lサイズのジップロックであれば容量も大きく下着やタオルなど圧縮しやすいです。 こちらのページにジップロック活用動画があります▶︎ジップロック  貴重品を保管しよう 海外では日本より盗難されるリスクが高いです。現金やクレジットカードを普段使っている財布で管理するのでなくジップロックで保管する方法もあります。 現地のお金と日本円を分ける 多くの方が全て現地のお金に換金するのではなく、一部日本円のまま管理しています。現地のお金と日本円を同じ財布で管理すると盗難された時に一文なしになってしまいますし、日本円の価値が高いことも知られているので、チラッと財布から諭吉さんが見えてしまったら狙われるリスクが高まります。できるだけ分けて管理するようにしましょう。 ジップロックを簡易的な財布として使う 中には長財布を日常的に使っている人もいますが、いちいちカバンから取り出すのは面倒です。ジップロックであれば袋からさっと取り出すだけなので見た目とか気にしない方は現地のお金をいれる簡易的な財布として使うのをおすすめしています。 サイズ的にはSサイズのジップロックがちょうど良いですね! 汚れ物を一時管理できる 汚れた服や使った水着をそのままバックにしまうのって抵抗ありますよね。ビニール袋で包んでも密閉できないため匂いも気になります。そんな時ジップロックが大活躍です! 洗濯物を一旦保管する タイミングが悪くコインランドリーで洗濯できない場合もあるので、そんな時はジップロックで一時的に保管しておきましょう。密閉できるジップロックは匂いや汚れを封じ込めることができるので他の荷物と一緒に管理していても一安心です。 ジップロックで洗濯をする 時にはすぐに洗濯したい場合もあります。ホテルにコインランドリーがない場合はよく私もジップロックで洗濯します。袋に汚れ物を入れて洗剤と水で袋ごと揉み込んで洗濯するだけ!手も水回りも汚すことなく簡単に洗濯できます。 ジップロックは使い道がたくさん! 料理や材料だけでなく荷物や貴重品を保管するためにもジップロックは大活躍です。公式でも旅行にはぜひ使いましょうと推奨しているため便利に使えることが証明できますね。一度買ってしまえば余っても家で使うこともできるのでぜひ活用してみてください! 参照:ジップロックAmazonページ Amazonの公式ページに海外旅行でジックロックを使うことを推奨しています。確認したい方はこちらからどうぞ▶︎https://amzn.to/2xFOdSB

海外での過ごし方

Amazonで完結|海外旅行で必要な便利グッズ34選

初めての海外旅行では不安になることが多いです。 これまで東南アジややヨーロッパなど多くの国々を旅行した経験から、これがあればもっと快適な旅になったなあ、これ持ってって正解だったなあってグッズがたくさん出てきました。   これから紹介するグッズを全て持っていくと逆に荷物が多く不便になってしまうので、必要に応じて用意してください。全ての商品がAmazonで買えるものを選んでますので買いに行く手間も省けて忙しい旅行前でもポチッとできるよう紹介しています! 電化製品|6選 国によってはコンセントの形状や電圧が異なります。コンセントの形状を変えなければ充電することができないですし、電圧が高いまま使用すると電子機器が壊れてしまう恐れがあります。そんな電子機器に関する便利グッズです。 変圧器  日本と海外では電圧が異なる場合があります。高圧電流の国でそのまま使うとパソコンやスマホが壊れたり、ケーブルが熱くなりショートする恐れがありますので、特に整備が行き届いていない東南アジアではきちんと調べましょう。 ▼変換プラグ付きです プラグ変換 ヨーロッパで必要になる場合がほとんどです。この商品はひとつで全ての国のコンセント形状に対応しているため一度購入してしまえば便利なものになります。 ▼変圧機能付きです タコ足 安いホテルだとコンセントが足りないこともあります。パソコンやスマホ、カメラなどたくさん充電する場合や大人数の旅行の時あると便利です。 モバイルバッテリー 旅行中わからない土地では、レストランや観光地など調べることが多いです。充電が切れ途方に暮れてしまったら意味がないので一つは持っておきましょう。日本でも使えるので損はないです。 SIMフリースマホ 東南アジア旅行でおすすめです。東南アジアであればポケットWi-Fiより現地SIMの方が安いです。スマホを購入したばかりでSIMフリーの手続きができない方へ2台目としていかがでしょうか。中にはメインのスマホを盗難されたくないから安いSIMフリースマホで対応する方もいます。 SIMフリーWi-Fi 最近ではSIMフリーWi-Fiも登場しています。スマホのSIMフリー解除ができなかった人におすすめです。複数のデバイスを持つ人、大人数で使いたい方に向いています。もちろんレンタルWi-Fiのが安いので長期的に何度も海外に行く人向けです。 日用品|5選 海外では日本と違う環境であることが多いため、現地についてからこれ必要だったなあって思うものはあります。特に衛生的な部分に関して不十分な国があるのでしっかりと準備しましょう。 ジップロック ジップロックはめっちゃ重宝しています。荷物を小分けしたり、液体物を保管したり、洗濯物を入れておりたり、何にでも使えます。別に記事も書いてあるので活用法が知りたい方はこちらへ。 ウォーターボトル 海外では日本のようにどこでも水が飲めるわけではないため、頻繁にペットボトルの水を買ってしまいます。ホテルやレストランによっては飲めるフリーウォーターをくれるところもあるので持っていっても損はありません。 虫除けスプレー 東南アジアでは必須です。不衛生なところでは蚊などの虫が湧いており、デング熱対策にも必ず持っていきましょう。スプレー缶タイプだと空港で没収されがちなのでプラスチックケースが良いですね。 除菌シート 東南アジアで必要です。露店に売られている缶のジュースは雑に扱われていることが多く汚いです。現地の人でも衛生に気をつけている人は除菌シートで拭いてから飲み始める人もいます。 手ピカジェル 手をアルコール消毒するものです。食事前にお手拭きを用意されていないところもあるので気になる人は購入しましょう。   荷物関連|6選 旅行しているといつの間にかにキャリーバックの荷物が散乱しがちです。ホテルの出発前に慌てることないよう整理整頓を心がけましょう。 ショルダーバック/ウエストポーチ 外出中に便利です。リュックだと後ろから盗難されるリスクがあるので、開け口が前にくるショルダーバックかウエストポーチに財布やパスポートなど入れるようにしましょう。 荷物の重さを計る 荷物を計るタイミングはだいたい空港に着いてからです。荷物が多すぎて追加料金を払うか、荷物を捨てざる状況にならないように家で重さを測れる便利グッズです。 キャリーベルト キャリーバックにベルトをしましょう。預け荷物は結構雑に扱われるのでしっかりと固定する必要があります。また目印にもなるのでおすすめです。 圧縮袋 なんといっても服が一番かさばる荷物です。服を圧縮すればキャリーに入れるスペースができ、お土産を手で持つ必要がなくなるのでおすすめです。 小分けトラベルバック 服、化粧品、コードなどジャンルごとに荷物を分けるものです。小分けしておけば探すのも楽ですし、準備や片付けにも便利です。 ファッション関連|5選 おしゃれと言うより、日差し対策など国によってはあった方がいいなというグッズです。 帽子 東南アジアなど日差しの強い国ではあった方がいいです。常に暑いので熱中症になりやすいです。 サングラス 防止と同じ理由ですね。紫外線から目を守りましょう。 やすい腕時計 スマホを頻繁に出していると盗難に合うリスクが高まります。かといって高価な腕時計をしていても狙われてしまうので、時間が確認できる安い時計をつけましょう。 簡単に羽織れるもの 東南アジアは暑いから大丈夫と半袖半ズボンしか用意しない人がいますが、飛行機内やショッピングモール、カジノではエアコンがガンガン効いているため寒く感じます。薄いものでいいので簡単に羽織れるものを一つ用意しましょう。…

フリーランスで生きていく

【初心者必見】海外フリーランスになる目標を具体化する3つの指標

海外フリーランスになるために目標を掲げたもののその目標に向かって進めていますか? まずはスキルを磨かないと!と思い、ブログを初めてみたり、プログラミングスクールに通ってみたりなんらかのアクションは起こしているものの何か腑に落ちないと思ったことはありませんか? 目標を定めるには重要な3つの指標があります。 ・やりたいこと ・できること ・需要があること この3つの指標が一つの方向性にマッチしたとき、あなたの思考や行動が目標へと進み出していきます。この記事では一つひとつ解説するとともに一つでも欠けるとどうなるか説明しています。 海外フリーランスを目指しているという漠然な目標がある方へ向けて書いているため、海外フリーランスが題材になっていますが誰でも参考になります。 まずは現状を把握しよう やりたいことがない(できるし需要はあるが、、) いわゆる日本人サラリーマンでよくあるパターンです。労働者としての需要はあるし、業務をこなすことはできるけどやりたいことじゃないんだよなあってやつ。 その仕事をやりたいことへ昇華できたら全てが丸く収まります。本当にその仕事がやりたいことなのか今一度考えてみましょう。 できるスキルがない(やりたいし需要はあるけど、、) 会社に入社してこういう人いませんでしたか?絶対3年で辞めて独立してやる!と言ってる人。やりたいことだし、業種によっては独立しても需要のある仕事はあります。けど、やるやると口だけ言って一向にやらない(=できるスキルがない)。 もちろん、これからこういうスキルを磨いてできるようになるんだ!と具体的な目標や計画があるのは問題ありません。問題なのは具体的なアクションを決めず口だけな場合です。 需要がない(やりたいしできるけども、、) 需要をリサーチするのはとても大切なことです。そもそも願望とスキルが伴っていても需要がなければ収益につながりません。 しかし、近年ではYouTubeが発展してきたことでこんなことにも需要があるのか!と思うものもあるのが現実です。需要がなければ、自分から需要を生み出す!という気持ちでやってみてもいいですね。 具体的に決めていく ①やりたいことを見つける 海外フリーランスの漠然としたやりたいことってなんでしょうか。 場所を問わない仕事をしたい/自由な時間で生きていきたい/いろんな国を巡りたい/外国人の友達を多く作りたい/日本が嫌だ/サラリーマンを辞めたい/時給で測られない価値を作りたい、、あたりかな これらの共通項から見出せるやりたいことのテーマの根本は「自由」なはずです。好きな場所で好きな時に好きな人と好きな仕事をする自由さが憧れの基盤になっているのではないかと。 まずはやりたいことを具体化する必要があります。特に日本人はやりたいこともなくなんとなく大学に進学して、なんとなく給与が良さそうな会社に就職する人が多いと言われています。 要するにやりたくないことを仕事にしている方が多いです。そこからやりたいことが見つかればいいですが、全員が見つかるとは限りません。 見つからなかった人は一旦白紙にし、本当にやりたいことってなんだっけ?って自分に問いてみてください。 やりたいことを考える時は自分の気持ちにわがままに やりたいことを考えているときに自分の能力を加味しなくてOKです。 自分のできることを加味するとやりたいことを考えるブレーキがかかってしまいます。まずは全てを取っ払ってやりたいことを考えます。 私が考えたとき根本にあるのは自由でした。高校卒業した時から海外へ旅するのが好きだったので一生海外で過ごせたらいいなあという漠然とした夢があったため、やりたいことを「海外で自由に生きていける人生にする」とそのとき決めました。また、最近になって「ポーカーで生きていきたい」という夢が加わったため、「ポーカープロとして海外を自由に飛び回って生きていきたい」という具体的なやりたいことに決まりました。 ②できることを考える やりたいことが決まったら、そのやりたいことを実現するためには、どういった手段を取れば叶うのか考えます。海外フリーランスになるためには独立をしなくてはなりません。その独立は今持っているスキルでできるか考えてみましょう。 ライティング/プログラミング/動画編集/バイヤー/営業/マーケティング/資格/歌が上手い/料理ができる/コミュニケーションが得意/自分の世界観が強い/法律など専門的な知識がある/プロ級に特化したゲームスキル、、あたりかな ここで挙げるできることは些細なことでも構いません。日本人はエキスパートでなければ出来ないことにしてしまいますがほんの些細なことでもできることでOKです。 私なんかポーカーのスキルはプロと比べたら全くないのにポーカーでプレイすることはできるから、できる!と言い張ってます(笑) できるようになりたいことも一緒に考えよう できることを挙げたけれどそれがやりたくないことでは全く意味がありません。重要なのはやりたいこと・できること・需要があるの3つが重なることです。これは具体的な目標を決める段階なのでできるようになりたいことも一緒に考えるのは全然ありです。 私の場合。できること▶︎ブログで発信 できるようになりたい▶︎プロ級のポーカースキルを手に入れる ③需要があるか調査する そもそも需要がなければ収益をあげることができないため、生きていくことができません。その仕事が世の中的に需要があるかどうかリサーチしましょう。IT業界であれば周知の通り需要があるため、エンジニアやWEB系の仕事は需要があると言えます。具体的にその職業やジャンルの経済規模や収入面まで調べられたら上出来です。 私のポーカーというジャンルは日本ではまだまだニッチであるためめっちゃ調べました。リサーチしていく中で新たな需要を見つけることができました。 ▶︎初めて海外でポーカーをする方に向けた初心者講座がないなと。検索ボリュームも悪くないし、日本にカジノができることで長期的な需要も上がるはず。と。 やりたいこと・できること・需要があることを掛け合わせる それぞれ書き出したら、やりたいことかつできること(できるようになること)、しかもそれが世の中的に需要がある!と確信づいたらそれが具体的な目標になります。 ポーカープロとして自由に生きていきたい(やりたいこと) ブログやライティングができる(できること) 海外で初めてポーカーやる人向けの講座がないから参入できるし、検索ボリュームもしっかりある(需要がある) ▶︎まず自由に生きることを叶えるためにブログで収益をあげよう。ジャンルはポーカー。ポーカープロを目指しているし得意ジャンルだから問題なし。市場調査もクリアしたので具体的な目標として進めていこう。もしブログで収益が大きく出たらポーカーにより集中できる!▶︎夢叶うかも!   何度も言いますが3つなければダメです。 一つでも欠けたら現状と何ひとつ変わりません。目標を立てるにはじっくり時間をとって自分自身に問いかけてみてください。 外出自粛が出ている今が人生を見つめ直すチャンスです。自粛が終わりすぐにでも海外に飛び出せるフリーランスとしての準備をしていきましょう!    …

フリーランスで生きていく

世界各国を巡る旅を仕事にする9つの職業

一つの国に留まることなく、いろんな国を渡り歩きながら生きていけたら、、、と夢見たことはありませんか?世界中を旅しながら生きている人も多く存在します。そんな方々はどんな仕事をして生きているのかまとめました。 就職して世界を巡る 企業に勤めながらも世界中を旅する方もいます。そもそも、いろんな国に行くこと自体が仕事になっているパターンです。お金をもらいながらも世界各国へ旅できる仕事はとても幸せですね。 キャビンアテンダント 特に女性の憧れの職業の一つです。日本語では客室乗務員といい、安全なフライトができるよう様々なサポートをしてくれます。最近は男性のキャビンアテンダントも増えているため誰でも目指すことができる職業です。しかし、その倍率や募集条件に厳しいものも多く、難易度が高い職業でもあります。就職する航空会社によっては世界中を繋ぐ便があるため、いろんな国を渡り歩くことができます。 クルーズ船のスタッフ 海外を巡るのは空だけとは限りません。クルーズ船は世界のいろんな国の港に泊まるので、ちょうど休みと被れば上陸し観光することも可能です。中には世界一周するクルーズ船もあるため働きながら世界一周できてしまうのは夢のようです。清掃員、料理人、バーテンダー、フロントデスクなど様々な仕事があるため、自分に合った仕事が見つかるかもしれません。 ツアーガイド ツアーガイドは現地に住んでいる人を採用する場合もあれば日本から一緒にガイドする場合もあります。行く先の言語が話せなければ務まらない上に何かトラブルが発生した時に対処できるスキルが求められますが、世界遺産など有名な観光地を巡ることができるためやりがいと楽しさがある仕事です。 外資系企業 海外への出張が多い企業に就職する方法です。基本取引先への営業や商談が目的となるため、高度な営業力とビジネス対応の語学力が求められますが、その分もらえる給与は高いと噂されています。   個人で独立してもできる仕事 個人で生きる時代になってきたことで旅しながら生計を立てる個人事業主が増えました。パソコン一つで仕事する人を海外ノマドと言いますが、パソコン一つではなくとも様々な職業に対して旅しながら生きていく可能性があります。有名どころをいくつかピックアップしました。 ライター ランサーズといったクラウドソーシングサイトで仕事を得やすくなったライター。その人の経験談などの記事が売れることもよくあります。旅をしながらその現地の様子を記事にし生計を立てている旅行ライターや世界のグルメを執筆しているグルメライターなども存在します。 カメラマン 世界の情景や紛争地域の様子など幅広く需要のあるカメラマン。カメラマンとして世界を旅するには知名度や技術力がないとまだまだ生計を立てていくには厳しい現状があると言われています。 バイヤー バイヤーというと服の仕入れを行う人のイメージがありますが、現在ではメルカリなどのフリマアプリが有名になった影響かファッションのみならず雑貨や食料品など様々な仕入れを海外から行なっている人が増えました。輸入ビジネスであるため安く仕入れられる国をリサーチする能力が必要です。 ブロガー ライターとは違い自分でメディアを立ち上げ発信しながら収益を出していくスタイルです。旅系ブロガーは競合が多く難しいとされていますが、旅×〇〇で幅を広げればチャンスはあるかもしれません。私は「旅×ポーカー×カジノ」でブログを構築しています。 WEBエンジニア ランサーズで仕事を得やすくなったWEBエンジニア。外注は単価は安いものの独立すれば自由度があるこの仕事に憧れる若者が増えてきているようです。ITが発展していく中でプログラミングスクールも徐々に増えているためチャンスは誰にでもあります。 旅で生きていくなら個人で生計を立てる方がいい 「旅をする=自由な時間を確保できる」ことなのかなと思います。そもそも世界を旅しながら仕事をしたいと考える人はごく僅かです。この時代では個人で生きていくことが徐々に日本でも認知されているため、独立して個人で生計を立てる方法を見つけた方が早く旅に出られますね。いずれ「旅人」という職業が当たり前になる時代にならないかなって望んでいます。 個人で生きていくためには まずは仕事の方向性を決めるのとどうやって仕事をとっていくかのステップが必要です。