初心者

海外での過ごし方

パスポート申請に必要な書類とは?申請までの流れを紹介

カジノに出入りするときに提出を求められますが、そもそもパスポートは海外に渡航する際になくてはならないものです。海外にいるときに本人であることを公的に証明してくれる身分証になります。 パスポートを申請するために必要な書類や流れ、費用などを詳しく解説して行きます。 パスポートの申請から受取までの流れ 即日発行できる方法はない パスポートは、最短でもパスポートセンターへ書類一式を提出した後の営業日で数えて6日はかかります。(営業日とは、土日祝、年末年始などの休日を除いた日にち) 決まり事なので特別に早くしてもらうことはできないため、6日以内に渡航が決まっている場合はキャンセルせざるを得ません。 渡航日から逆算して申請をしましょう パスポートを受け取る日は大体渡航日の2週間前には遅くとも取得しておきたいので、かなり余裕を持って1ヶ月前には申請するように心掛けましょう。例えば、書類の不備があり再提出を求められてしまうとそれだけで申請にかかる日数が伸びてしまいます。また、ホテルを予約する際に事前にパスポート番号を求められることがあるので、早めに取得するのが無難です。 パスポートを受け取るまでの流れ(概要) ①必要書類の取得 ②パスポートセンターへ申請、書類の提出 (最低6日の日数経過) ③パスポートを受け取りに行く 書類の取得日や受け取る日時を考慮すると10日前後見ておくと安心です。 パスポート申請に必要な書類一覧 住民票の写し・・・1通 戸籍謄本(または戸籍抄本)・・・1通 写真(縦45mm×横35mmかつ6ヶ月以内に撮影)・・・1枚 一般旅券発給申請書・・・1通(窓口にあり) 本人確認書類(運転免許証など) 上記の書類を集めることからスタートします。それぞれどのように集めるか解説します。 住民票の写しと戸籍謄本を取得する 住民票住所と本籍地が同じ場合 住民として税金を納めている市町村が住民票のある自治体になります。市役所や区役所等でそれぞれ取得可能です。 住民票住所と本籍地が異なる場合 戸籍謄本は本籍地に定められた役所でしか取得できません。居住地=本籍地とは限らないので、一度ご家族や役所の方へ話を伺いましょう。 本籍地が近くで直接行ける場合は、身分証明書を持って本籍地の役所に行けば必要書類を記入して所得できます。 本籍地が遠く直接行けない場合 本籍地が離れていても郵送で取り寄せられます。この状況が一番面倒ですが、きちんと手続きを踏めば確実に取得できるので安心してください。 ①請求用紙に必要事項を記入 ・現住所の役所やそのWEBサイトから取得可能です ②返信用封筒の用意 ・返信用封筒に切手をはり、返信先(受取場所)の住所・宛名を記入 ③本人確認書類の用意 ・運転免許証、健康保険証などのコピー ④郵便局で手続き(①〜③の一式を用意の上) ・郵送でも戸籍謄本の申請料金がかかるため、郵便局の定額小為替または現金書留で発行手数料の金額を支払います。 最近だとコンビニでも発行できるって本当? マイナンバーカードを持っていてかつその自治体がコンビニ取得に対応している市町村のみコンビニで取得可能です。コンビニはかなり楽なので、できるか一度確認してみましょう。 写真を撮る 縦45mm×横35mmかつ6ヶ月以内に撮影したものが必要です。街中にある証明写真機で撮りましょう。 最近では証明写真用のカメラアプリもあるようですが、パスポート用で許可されるかはわかりません。どうしてもお金をかけたくない方は自己責任でお願いします。 パスポートセンターへ申請しに行く パスポートセンターまたは各市町村の役所にある窓口で申請します。申請可能なのは住民登録している自治体の窓口になるので注意しましょう。 都道府県によって異なるため以下の外務省のサイトで確認しましょう。 https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_6.html 窓口で一般旅券発給申請書を記入 窓口に用意されており、記入見本も置かれているので、同じように記入すれば問題ないです。 気をつけよう! ①休日前後の月曜日と金曜日、時間帯では仕事休憩の12時や15時が混雑すると言われています。 ②アルファベット表記を絶対間違えない!!!! 航空券とパスポートの表記が1文字違うだけで登場拒否される恐れがあります。拒否されなくても、航空会社に修正手続きでかなりの手数料が取られてしまいます。 よくある間違え 「し」SHI⇆SI、「しょ」SHO⇆SYO、「ふ」HU⇆FU、「づ」DU⇆ZU 申請後、最低6日を要して完成…

ポーカー特集

ポーカーで知っておくべきマナー

ポーカーを気持ちよくプレイするためには他プレイヤーへの配慮やマナーを事前に知っておく必要があります。 初めてポーカーをやる方にとって、気になるマナーやエチケットをこの記事では紹介します。オンラインポーカーと違ってリアルでやるポーカーではマナーやエチケットは重要なことですので、しっかり覚えていきましょう! 1.人のアクションに口を出さない ポーカーのプレイスタイルは人によって違います。人によって考え方も違うので、あなたにとって「何でそのハンドでコールしてくるんだよ!」って思ったとしても、それを口に出すことはマナー違反です。言いたくなる気持ちは分からなくもないですが、アクションへの批判はトラブルの元です。心の中に思い留めて口に出すのはやめましょう。 2.発声とチップインを間違えない ポーカーでは、アクションをする際に発声も伴うシーンが多いです。例えば、レイズアクションをする際に、発声では「レイズ100$」といったものの、出したチップ量が”150$”だった場合、発声の”100$”が優先されます。たった”50$”の違いでも、降ろしたかった相手がコールしてしまうなど、相手のその後のアクションに影響するので、間違いないよう心がけましょう。 また、細かいチップがない時、意識するポイントがあります。相手がベットやレイズをしている状態で、高額のチップしか持っていない時、きちんとアクションを発声しないと、”コール”とみなされます。レイズのつもりだったのに、、と後悔してもしかたがありません。間違えないよう常に発声する意識を持ちましょう。 3.チップを見やすい場所に置く チップ量は、アクションを決める判断材料として大きな影響を与えるものです。チップ量は公開情報のため、故意的に隠すのはマナー違反です。チップの置き方は、高金額なチップを最前にすることを心がけましょう。小金額なチップが最前にあり、高チップが隠されていると故意的でないにしろマナー違反でバッシングを浴びてしまうかもしれません。 4.ストリングベットをしない ベットやレイズのアクションをする際に無発声でチップを複数回に分けてテーブルに出すことをストリングベットを言います。例えば、自分の中で”レイズ50$”と決めているが、チップを”10$”ずつ場に出していき、相手の反応を見ながらアクションすることです。これはマナー違反に当たるため注意しましょう。 ちなみに先に発声をした場合は、それが優先されるため複数回にチップを出しても違反とはなりません。 5.スローロールをしない ショウダウン時に気を付けるポイントです。スローロールは、カードを必要以上にゆっくりとめくる行為のことを指します。ショウダウンまで行けば、自分の役は把握でき中には絶対負けないと自信のあるハンドの場合もあります。そんな時に一枚ずつゆっくりカードをオープンすると、特に海外では相手を侮辱している行為として批判されます。 たまたまYouTubeでスローロールで他プレイヤーを敵に回した動画があったので見てください。日本語字幕付きです。1:00あたりから見るとわかりやすいです。オールインコールのため3枚でのショウダウンとなっています。 6.人の順番を飛ばさない 自分のアクションの順番が来るまでグッと気持ちを抑えましょう。ポーカーにおいてアクションの順番(ポジション)は重要な要素になります。良いハンドが来てうずうずしてても、ダメなハンドでさっさとフォールドしたくても自分の番まで待ちましょう。 先にアクションしてしまうと前のプレイヤーのアクションへ影響するので不公平になります。 慣れないうちはゆっくりプレイしよう ポーカーを初めてリアルでプレイする時、焦らずゆっくりプレイしましょう。初心者であることが周りに伝わるとカモだと思われるかもしれませんが、焦ってマナー違反を犯す方が返って超初心者だと思われます。むしろ、早くしろよって焦らせてくるプレイヤーの方がマナー違反なので、慌てず慎重にプレイすることを心がけましょう。

海外で初めてカジノをする方へ

カジノでおすすめの国は韓国?カジノ初心者に優しい3カ国を厳選

カジノで遊ぶためには海外に行くかオンライン上で遊ぶしか方法がありません。カジノと言ったらラスベガスやマカオをイメージしがちですが日本近郊のアジア圏には意外とたくさんのカジノがあります。日本から近く、初心者に優しい国やカジノについてまとめました。これからカジノで遊んでみたい方必見です! ①日本から最も近いカジノがある韓国 おすすめポイント3選 日本から約2時間で行ける 年齢制限が19歳以上 日本語が通じるスタッフが常駐 日本から気軽に行きやすいカジノといえば、韓国のカジノです。カジノといえば現地人と観光客が入り混じっているイメージが強いですが、韓国のカジノは外国人専用となっているため、韓国人の出入りがありません。 大学生になって友達と初めての海外旅行。カジノもやってみたいって方は韓国がベストでしょう。多くの国は21歳以上を年齢制限としているため、日本で成人していなくても遊べる近場のカジノは韓国です。 また、韓国は成田空港からでも約2時間のフライトで到着するため、移動や時差に疲れることなく気軽に遊べます。 仁川空港すぐそばのパラダイスシティカジノ 2017年4月20日に韓国初の総合型リゾート施設としてオープンしました。総合型リゾート施設とは、カジノのみならずホテルやレストラン、ショッピングモールなど様々なコンテンツが一か所で楽しめる施設のことです! ここがおすすめの理由は、圧倒的にアクセスがいいところ!韓国で最も名高い仁川空港から車で5分、徒歩で15分のアクセスの良さであり、空港につたらすぐ遊べます。 パラダイスシティホテル:公式サイト https://www.paradisecity-ir.com/?utm_source=google&utm_medium=sem&gclid=CjwKCAjwg6b0BRBMEiwANd1_SKIZbBWIOqaSuwJMPBbvRfXYBwoW-tjFogoLs6pB0OrHr6jskKoktxoCNKsQAvD_BwE ②観光地として人気を誇るセブ島 おすすめポイント3選 レートがとにかく安い 観光客が多く気軽に遊べる ラフな格好で入場可能 セブ島は観光地として圧倒的な人気を誇ります。私自身過去に6回ほど渡航していて一番滞在時間が長い国かも知れません。セブ島は日本だけではなく、様々な国から観光客が訪れ、カジノで遊びながら豊かな国際交流ができるのも醍醐味の一つです。 日本人はフィリピン人から見て好印象なためウェルカムな雰囲気で遊べるのもおすすめの理由です。物価が日本の1/3程度のため、滞在費を安くし、カジノに大掛けするのもありでしょう! ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ セブ島にはいくつかカジノがあり、空港近くにもウォーターフロント系列のカジノがありますが、セブシティにあるウォーターフロントセブシティホテル&カジノの方が規模が大きいためおすすめです。タクシーで30分ほどで着き、日本円で700円ほどで済みます。 セブ島随一の高級ホテル内にあるカジノですが、半袖短パンというラフな格好をしていても入場できます。しかし21歳以上という年齢制限がネックになります。レートがとても安いため、稼ぎにいくというよりかは長く楽しむ初心者の方に向けたカジノになります。 ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ:公式サイト https://www.waterfronthotels.com.ph ③The・カジノの雰囲気を味わうならマカオ(中国) おすすめポイント3選 本場カジノシティの雰囲気が味わえる カジノが多く遊びたいときにふらっと遊べる レベルごとにカジノを選ぶことができる マカオはラスベガスと並ぶ世界で有数のカジノ大国として名が知られており、世界中のカジノファンに愛されています。初心者からプロまであらゆる方々が訪れるのも特徴の一つですが、初心者にも優しいカジノが多いので、カジノシティの雰囲気を味わいつつ、楽しみたい方におすすめです! 東洋のラスベガスと言われることもあり、そのカジノの数は計り知れません。事前にチェックしてレートが安く初心者向けのカジノの場所を把握しておきましょう。 スタジオ・シティ・マカオが圧倒的おすすめ カジノが多い地域だとより取り見取りですが、初心者にはまず気軽に楽しく遊んでもらうことが重要ですので、雰囲気や気軽さを基準に推薦しました。総合型リゾート施設にあるカジノは、街のカジノと違って観光客が多く、またショッピングモールやエンターテインメントなどで賑わっているので、それだけでもポイントが高いです。 スタジオ・シティ・マカオは、マカオの中でも代表する総合型リゾート施設なため、サポートが手厚いです。日本語がわかるスタッフもいるため何か困ったときに安心できます。 スタジオ・シティ・マカオ:公式サイト https://www.studiocity-macau.com/en?utm_source=google_GMB&utm_medium=organic&utm_campaign=GMB 年齢や目的に合わせて国を選ぼう! おすすめの国3選として、韓国、セブ島(フィリピン)、マカオ(中国)を紹介しました。それぞれ初心者向けのカジノはありますが、目的によって国を選ぶことをおすすめします。近場でふらっと遊びたいなら韓国。常夏の気分で遊びたいならセブ島。これぞカジノ!という雰囲気を味わうならマカオ。地域によって良さが異なります。 おすすめした国以外にも多くの地域でカジノが営業されています。旅行する目的地が決まっていたら、ぜひカジノがあるかも調べてみてください!カジノでお金を溶かすのも、増やすのもいい思い出になること間違いありませんね!

海外で初めてカジノをする方へ

「初心者必見」カジノでの過ごし方

カジノで有名なラスベガスやマカオを始め、旅行先にカジノがある場合、「ちょっと遊んでみたいなあ」と好奇心がそそられ、足を踏み入れる機会があるかもしれません。国によって細かいルールはありますが、基本的なことは事前に理解した上で安心して遊びましょう。 カジノの年齢制限を確認しよう 日本で国営のギャンブルやパチンコをする際に年齢制限があるように海外のカジノにおいても年齢制限が設けられています。海外であるためその確認は厳しくパスポートの提示は場所によって必須です。特に日本人は若く見られる可能性が高いため、パスポートチェックが甘いところでも、パスポート提示を要求されます。20歳を超え、成人したから大丈夫!では足元をすくわれます。きちんと確認した上で訪れましょう! ラスベガス:21歳以上(チェックがかなり厳しめ) マカオ:21歳以上(セキュリティ緩め) シンガポール:21歳以上 韓国:19歳以上(レートも低く初心者にはおすすめ!) ヨーロッパ諸国:8割方、18歳以上(国によっては21歳や23歳以上の制限もあり) オーストラリア:18歳以上 フィリピン:21歳以上(結構ガバガバ) 国によってばらつきがあります。高校を卒業して、カジノで遊びたい方はレートが低く、移動が楽な韓国がおすすめ。カジノ目的で海外旅行する場合、事前に必ずチェックしましょう! カジノではドレスコードが求められる? 国によって様々ですが、カジノのホームページにドレスコードに関する記載がされていることが多いです。カジノは「大人の社交場」というイメージを持ちましょう。”カジノ=ギャンブル=だらしない”の考え方ではダメです。 カジノに代表されるラスベガスなどではきれいめな服装でいきましょう。スーツまでいかなくとも、最低でも清潔感のあるパーカーや長ズボン、靴を身に纏う必要があります。しかし、東南アジアでは半袖半ズボン、サンダルで入れてしまうところもあります(笑) 私はラフな格好が好きなのでフィリピンによくいくのですが、サンダルはセキュリティの人によって弾かれてしまうので、半袖半ズボン、スニーカーでいくことが多いです。しかし室内は冷房で寒いので長袖は持ち歩いてます。 カジノで遊ぶゲームのルールを覚えよう! ポーカーやブラックジャック、ルーレットにバカラ、スロットなどカジノでは遊べるゲームがたくさんあります。初心者から上級者まで様々な方々が遊んでいるため、気負いすることなく遊んで欲しいのですが、他のプレイヤーがいるゲームの場合、最低限のルールは覚えておきましょう。失礼に当たるプレイや何度もルールを間違えてしまうと周りのプレイヤーが嫌な気持ちになります。カジノはリアルマネーを使うので、緊張感を持って遊んだり、大金をはたいて遊ぶ方もいます。ルールに反して怒られるのも嫌なので、気持ちよく遊べるよう基本的なルールだけでも覚えましょう。 私は経験のないゲームを衝動的にやりたくなったときは、カジノ内にいるルールを知ってそうな日本人を捕まえてルールを聞きます(笑)お礼にお酒をおごりながら話を聞くのも楽しいですし、精通している人をうまく捕まえられれば攻略法も知れちゃうかもしれません! 終わりとおまけ 最低限の英会話は覚えておくと楽しさ倍増! ゲームをしていると多くの方々と交流する機会があります。スロットで一人で遊んでいても売り子に声をかけられるし、複数人で遊ぶゲームでは他プレイヤーやディーラーと会話する機会があります。例えば、ルーレットでベットした数字がヒットし賞金を手に入れたとき、周りが賞賛してくれます。そのとき「Thank you!」以外のフレーズで会話できたら、その後も気持ちよくプレイができますよね。また、他プレイヤーが賞金を得たときに「good job!」「nace bet!」とか簡単でも言えたら、その場がより楽しくなります。自分が負けていて他人が勝っていたらイライラするかも知れませんが、そこは「大人の社交場」なので、気持ちよくプレイする心意気を持ちましょう。