【海外移住】海外でフリーランスとして働くには?ビザはどうしたらいい?

【海外移住】海外でフリーランスとして働くには?ビザはどうしたらいい?

「いつかは、憧れの海外で働いてみたい・・・」と考えたことはありませんか?近年ではバイナリーオプションを駆使して、アーリーリタイアし、海外移住している投資家も多いようです。

今回の記事では、仕事をしながら海外で働きたい!というあなたのために、フリーランスとして海外で働く方法についてご紹介していきます。

海外で働くには

海外で働くには、現地の企業に就職することが最も確実な方法であると言えます。しかし、最低限英語が堪能であることに加え、秀でた職業スキルや経験が必要とされることが多いため、決して容易なことではありません。

一方で、フリーランス 仕事をすでに日本で見つけている場合、現地で就職先を探す手間が省けるため、海外で働きながら生活するハードルが大いに下がるはずです。

長期間海外に在住するためには?

海外で長期滞在するためには、その国ごとにビザを申請する必要があります。ビザの取得方法や申請できる期間は国ごとに大きく異なるため、自分の気になる国がある場合は事前に余裕を持って調べておきましょう。

フリーランスとして働く方法

フリーランスとして働くためには様々な方法がありますが、大きく分けて

  • 現在、勤めている企業で知り合った人のコネを使う
  • 副業をして、個人としての実績を積む

の2パターンが挙げられます。

現在勤めている企業での業務内容が独立に繋がりやすいものである場合、独立さえしてしまえば、勤務地は自分で選択することができるので、海外移住への最短ルートであるかと思います。

しかし、現在勤めている業種が勤務先への出勤が必須である場合は、クラウドワークスなどのサイトから副業をして実績を積み重ね、企業から直接仕事の案件を受注していく必要があります。それでは、フリーランスとして案件を受けるためにどのような副業 おすすめなのかみていきましょう。

1.Webライター

特別な資格などが必要なく、気軽に始められるのがWebライターの案件です。が、依頼主が求める最低限の文章力が必要となります。また、実績がないうちは記事単価がとても低いため、フリーランスになるまで続けていくには根気が必要となるでしょう。

2.プログラミング

現在、需要がどんどん伸びているプログラマー。クラウドワークスなどにも、使用言語に応じて、様々な案件が募集されています。全くの未経験から案件を取得することはかなり難しい道のりですが、計画的に取り組んで行けばフリーランスとして安定した収入を得ることも決して夢ではありません。

まとめ

海外在住なんて自分には無理なのでは・・・と考えられる方が多いかと思いますが、実際に一度日本を飛び出してみるとその方法は無限大。思いがけないことが仕事の案件に繋がったり、海外就職のきっかけになったりすることも十分にあり得ます。ぜひ勇気を出して、一度長期間海外で過ごしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。